読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yosshiee’s diary

日々の仕事、生活からのTIPS等をだらだらと書いていきます。たぶん役に立つ人にとって役に立つことを書いているつもり。

iPod化したiPhoneは復活できなかった

 復活させて約1週間、やっぱり死にました。合掌。

 で、キャリアー保証がない端末の修理方法が全然記載がないので、これまたまとめてみる。

  • 配送による修理とApple正規サービスプロバイダなどが選べる。直接対応ができるのと、地元にあるのでカメラのキタムラでやっているApple正規サービスプロバイダにしてみる。
  • 現地に行ったところ、初見でやはり修理が必要そうだが、予約をするかひたすら本日の予約キャンセル待ち的に待ってもらうかのいずれかとのことで、当日は時間がなかったので、予約することとした。予約は店舗ではなく、Appleのページから予約する。
  • 予約した数日後に再度来訪。
  • 状況を説明する。iTuneを用いたレストアまでやったが復活しない旨説明。
  • 再起動して現象が再現することを確認した。
  • Simを正常なものと入れ替えても再現することを確認した。
  • 最後に、店の裏でよくわからない確認をした様相。
  • 以上により、保証対象外による修理しか対応がないということとなった。修理は

    https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/service/pricing にある価格表の「保証対象外修理」の値段。iPhone5sなので26,800円。

  • で、修理とは名ばかりの新品同様品との交換をその場でやって修理終了。
  • 「新品なんですか?」と聞いても「新品同様品」とのこと。「リビルド品なんですか?」と聞いても「新品同様品」とのこと。そう答えるように仕込まれている様子だが、口ぶり的には新品っぽかった。
  • とりあえず、基板とバッテリーは新品であるとのこと。ケースだけ再利用なのかなぁ。
  • 少し雑談したが、「普通に修理できそうな故障状態」はこの方法で修理という名の交換を行うとのこと。例えば、車に踏まれたとかビルから落としたとか、真っ二つに分かれたとか、液晶と基板が泣き別れたとか、「修理」という用語で対応できなさそうな「破損」状態は全損として「修理」対応はできずに「新品と交換」価格で実施とのこと。値段は定価よりちょっと安いぐらいだったかな。
  • 一応、保証3か月付き。

ということで、新品同様品と交換してきた。

まとめると、

  • 約3万円程度で、
  • 正規修理サービスプロバイダへ持ち込みし、在庫があれば、
  • その場で新品同様品と交換、
  • 3か月保証付き

 

で、事実上、iPhoneが延命できます。

OSは最新のものが利用できるし、使っている端末のハードウェアにこだわりがあるなら、結構お得なサービスだと思いますが、どうでしょうかね。